キャラプラ展示会

キャラプラ展示会

アニメ、漫画、ゲーム等の色々なキャラクターや乗り物のプラモデルを「小樽アニメパーティー2018」の特設会場に展示いたします。
入場は無料ですので、お気軽にお立ち寄りください。

※展示品にはお手を触れぬようにお願いいたします。

ただいま、キャラプラ出品募集中!

あなたがお持ちのキャラプラを『小樽アニメパーティー2018』の会場で展示してみませんか?
このページ下部にある<キャラプラ展示会応募フォーム>よりご応募受付いたします。
皆様からのご応募お待ちしております!

 

●日時

2018年9月1日(土)11:00~17:00
2018年9月2日(日)10:00~16:00

●会場

都通り商店街内  特設会場(ぎんざ隣:稲穂2-14-14)

●入場料

無料です。

●出品のご応募について 

★作品出品料は無料です。
★応募対象は、8月31日(金)の19:30~21:00、もしくは9月1日(土)の8:30~10:00に展示会場までお持ち込みが可能で、9月2日(日)の展示会終了後、展示会場に取りに来られる方に限らせていただきます。

●応募期間

2018年7月1日(日)~7月31日(火)
※展示スペースに限りがございますので、応募多数の場合は締め切り期日前に応募を締め切らせていただく場合がございます。

●応募方法

下記の「キャラプラ展示会 応募フォーム」よりご応募ください。

「キャラプラ展示会 応募フォーム」

 

●出品について 

必ずご確認お願いします。

★1人あたりにつき、奥行き約40㎝×横約60㎝のスペースをご利用いただけます。

★展示でご使用されるクロスや陳列台などをお持ち込みいただいても構いません。

★出品物は公序良俗に違反しない物とします。

★同人作品、オリジナル品は対象外となります。

★出品物は撮影されますので、予めご承知おきください。

★万が一、展示中において出品物に破損等が生じても、当実行委員会では責任を負えませんので、予めご承知おきくださいますようお願いします。

 

●応募先、お問合せ先

小樽アニメパーティー実行委員会 キャラプラ展示会 担当:酒本(さかもと)
Mail:kyarapuraotaru@gmail.com
※出品に関してのご連絡は、上記のメールアドレスよりお送りいたしますので、予め受信できるようご設定ください。

 

【 特別展示作品 】

今年も「キャラプラ展示会」に、ガンプラビルダーズワールドカップ(GBWC)2017世界大会ジュニア部門で第1位に輝いた 畑めい さん の作品、第19回全日本オラザク選手権(2016)ジュニア部門 最優秀賞の 畑 柾 さんの作品、第20回全日本オラザク選手権(2017)ジュニア部門 優秀賞の 畑 幹 さんの作品も展示が決定いたしました。
この機会にぜひ会場でご覧いただきたいと思います。

 

畑 めい(ハタ メイ)/小樽在住、中学3年生

★コンテスト受賞歴

●ガンプラビルダーズワールドカップ(GBWC)2011 日本大会ジュニア部門(14歳以下)を優勝。エントリー作品『ザクとのたたかい』
●GBWC2012 日本大会ジュニア部門を優勝。エントリー作品『ゴッグの海』
●電撃ガンプラ王2012 小学生部門を優勝。エントリー作品『ザクの卵』
●GBWC2013 日本大会ジュニア部門を優勝。エントリー作品『人の心の光』
●GBWC2014 日本大会ジュニア部門を優勝。世界大会ジュニア部門で世界2位。エントリー作品『アルの中の戦争』
●電撃ガンプラ王2015 小学生部門を優勝。エントリー作品『帰還』
●GBWC2015 日本大会ジュニア部門を優勝。世界大会ジュニア部門で世界2位。エントリー作品『ラストシューティング』
●GBWC2016 日本大会ジュニア部門3位。エントリー作品『ザク島』
●GBWC2017 日本大会ジュニア部門を優勝。世界大会ジュニア部門で世界1位。エントリー作品『悪魔との契約 ~最期の代償~』

悪魔との契約 ~最期の代償~

 

畑 柾(ハタ マサキ)/小樽在住、中学1年生

★コンテスト受賞歴

●第17回全日本オラザク選手権(月刊ホビージャパン主催、2014年)ジュニア部門(中学生以下)で最優秀賞。エントリー作品『スレイプニル』
●第18回全日本オラザク選手権(2015年)ジュニア部門で最優秀賞。エントリー作品『昆虫採集』
●第19回全日本オラザク選手権(2016年)ジュニア部門で最優秀賞。エントリー作品『ネオジオン ザメル』

 

畑 幹(ハタ モトキ)/小樽在住、小学5年生

★コンテスト受賞歴

●第20回全日本オラザク選手権(2017年)ジュニア部門で優秀賞(2位)。エントリー作品『モビルタンク』

 

 

画像は「小樽アニメパーティー2017」より