コスプレロケーション紹介

小樽市内随所には歴史的建造物がたくさんあります。
「小樽アニメパーティー」の会場になっている各商店街近郊の歴史的建造物や観光スポットで、撮影を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【小樽市立稲穂小学校】

★開放時間限定あり

開放時間:2018年9月1日(土)12:00~16:00(時間厳守)
開放場所(予定):体育館・音楽室・家庭科室

明治28年に「稲穂尋常高等小学校」として開校し、昭和16年に「稲穂国民学校」と改称され、昭和22年に現在の「小樽市立稲穂小学校」の名称になりました。
また、校舎を改築(新築)し、平成8年に新校舎が完成しています。
幼少期を小樽で過ごした俳優「石原裕次郎」もこの学校に通っていました。
開校123年を迎えた歴史ある小学校を、コスプレ撮影の為に一部教室を開放してくださいます。
本物の学校ロケーションです。

※入場、退場、撮影の際は、小樽アニメパーティースタッフの指示にお従いください。


【日本銀行旧小樽支店金融資料館】

現在は、日本銀行の歴史・業務などを紹介する資料館として開館しています。
日本近代建築の礎を築いた辰野金吾らが設計し、明治45年に建築されました。
築100年を越える建物で、重厚な雰囲気をお楽しみください。

※館内でのフラッシュのご使用ならびに三脚での撮影など、他のお客様のご迷惑となる行為はご遠慮ください。

両日:9:30~16:30


【運河の宿 おたる ふる川】

明治時代をそのままに、北前舟が運んだ古き良き「ハイカラ」な小樽がここにあります。
大人気の「運河の宿 おたる ふる川」が今年もコスプレ撮影の為に開放されます。

※営業中の店舗を開放していただいております。館内の移動には調度品に傷などつけないようお気をつけください。

両日:11:00~16:00


【小樽運河プラザ(旧小樽倉庫)】

色内地先の埋め立て直後に建てられた道内初の営業用倉庫の1つ。
明治23年~明治27年の間に増築を重ね、中庭を2つも囲む大倉庫となりました。
運河プラザは、後から増築された倉庫を利用しています。
プラザ内のソフトクリームがとてもおいしい!!と評判です。

両日:10:00~17:00


【市立小樽文学館】

小林多喜二、伊藤整をはじめ、小樽ゆかりの小説家、詩人、歌人、俳人の著作や資料を収蔵・展示するとともに、これらの貴重な文化的財産を未来へ伝えていく施設です。
カフェコーナーは入場無料で、撮影可能です。
9/2(土)~9/27(月・祝)まで「小樽アニメパーティー イラスト作品展」の会場になっています。

※小樽にゆかりのある著名人の展示室や企画展などのご入館には、入館料¥300(小人¥240)が必要です。

両日:9:30~17:00


【大正硝子館 本店(旧名取高三郎商店)】

明治39年に建てられた、小樽の明治後期の代表的商家建築です。
西側と南側に開いた形で、防火用の袖壁(うだつ)が設けられており小樽で製作している硝子等を販売しています。
きらめく硝子と小樽の歴史が融合した空間へぜひお越しください。堺町通り商店街入口に立地しています。

※店内の移動の際は、商品に接触しないようお気をつけください。

両日:11:00~16:30

 


【龍宮神社】

明治2年に榎本武揚が祠を設け、遠祖である桓武天皇をまつったのがはじまりとされ、その後明治9年に「北海鎮護」の願いを託し、神社を建立しています。これが後の龍宮神社となります。
梁川会場からも近く、神々しい雰囲気を感じられる場所で、開運・出世のご利益があるとされるパワースポットになっています。


【水天宮】

新撰組二番隊隊長永倉新八が剣の稽古をしていたという場所です。
現在の社殿は大正8年に伊久治三郎によって建てられました。

ここから小樽湾を一望できるすばらしい景色があります。


【旧小樽商工会議所】

昭和8年に設計・土肥秀二、施工・萬組によって建てられた昭和初期における鉄筋コンクリート造の貴重な建物です。
正面玄関には土佐産の大理石が用いられています。

※現在、外壁の欠片が落ちてくる事があり、ご注意ください。
※建物内に入ることはできません。


【旧国鉄手宮線】

北海道開拓に重要な役割を担っていた旧国鉄手宮線が昭和60年に廃線になり、今も当時の路線がそのまま残されています。
これまでの散策路は、寿司屋通りから中央通りまで510 mの区間でしたが、2016年秋に中央通りから小樽市総合博物館までの147mの区間も開通しました。

市立小樽文学館横の旧色内駅付近です。
緑いっぱいの平垣は、森のロケーションにできると人気が高まっています。


【運河公園】

小樽運河の北の端に広がる公園です。
要文化財旧日本郵船株式会社小樽支店の目の前にあり、この場所もかつては運河で、船着き場もありましたが、埋め立てられて公園が造られました。
童謡「赤い靴」のモデルとなった親子の像や遊具などもあります。


【旭展望台】

アニメ「最終兵器彼女」のシーンに出てくるスポットとして人気があります。
ここからは、小樽港と市街中心部を眼下に見下ろすことができ、遠く石狩湾や暑寒別岳も望むことができます。
※市内路線バス 系統番号19「小樽商大線」に乗り、商業高校前にて降車をおすすめします。(1乗車/大人¥220 、小人¥110)


【小樽運河】

小樽観光の代名詞とも言える「小樽運河」です。
大正12年に海岸の沖合いを埋め立てて造られ、緩やかに湾曲しているのが特徴です。

散策路には、63基のガス灯が設置され、運河沿いの石造倉庫群が歴史を物語っています。


【ストリートピアノ】

サンモール一番街商店街に、誰でも自由に演奏して楽しむことができる「ストリートピアノ」が設置されています。
このストリートピアノは、2017年度「ふるさとづくり大賞」の総務大臣賞(団体表彰)に選ばれ、小樽としては初の受賞となりました。皆様で譲り合ってご使用ください。


 

「小樽アニメパーティー2018」の各商店街会場で開催の企画で、ロケーションスポットとしてお楽しみいただける内容をご紹介します。

 

【痛車展示会企画:ツイッタースタンプラリー】

コスプレをして痛車と一緒に写っている写真4枚を、小樽アニメパーティー公式タグ(#小樽あにぱ または #小樽アニパ)でツイートし、都通り商店街会場 特設会場受付で見せると、先着で公式オリジナルステッカーをプレゼント!!

【痛車展示会企画:ドール展示】

都通り商店街内のエスニックショップ「December3」の2F回廊ギャラリーの時間開放があります。また、都通り商店街  特設会場にはドール展示スペースを用意する予定ですので、撮影をお楽しみください。

両日:10:00~17:00(予定)

※展示している車両には、オーナーさんの許可なくお手を触れたり、座席に座ったりすることのないようにお願いします。
※痛車展示会企画は、「痛車展示会」ページにも掲載しています。画像をクリックしてご覧いただけます。


【「働く車」展示会】

サンモール一番街商店街と梁川商店街で展示を行います。座席に座らせてもって撮影がお楽しみいただけます。

 

 

【 ご案内 】

※撮影の際は、「小樽アニメパーティー2018」ご参加の証明になる<小樽アニメパーティー参加証>が必要です。イベント当日、運営本部で販売いたしますので、常にご携帯ください。

※小樽市立稲穂小学校を除き、ロケーションスポットになっている施設や店舗は貸し切りではございません。譲り合って撮影をお楽しみください。

※屋外のロケーションスポットの開放時間は、更衣室終了1時間前までとなります。

※小樽には外国人観光客がたくさんご来樽されています。許可なくコスプレイヤーさんを撮影してしまう場合も予想されますのでご注意、ご了承ください。

※路上撮影の際、抜刀はご遠慮くださいますようお願いいたします。

※各ロケーションには、イベントスタッフがトラブル等防止のため巡回しております。お困り事などございましたら、スタッフにお気軽にお声掛けください。

※人気のあるスポットでの撮影は、1グループあたり15~20分程度を目安にご移動ください。

※撮影時の三脚使用は、建物内では原則ご遠慮ください。(特別ロケーション開放の小樽市立稲穂小学校では、開放時間内に限り使用可能です。)
屋外でのご使用は長時間場所を占有されたり、歩行者等の通行の妨げにならないこと等にご配慮くださいますようお願いいたします。

 

この他のご案内を「アニパQ&A」に掲載していますので、こちらもご確認お願いします。